シアリスは飲み方が重要!効果的な飲むタイミングとは?

シアリスの効果を最大限発揮するなら、正しい飲み方をマスターすることは必須!自己流で何となく飲んでも効果が感じられないことが多いです。お医者さんから処方されるときに説明されますが、1回では覚えきれないもの。今回の記事でおさらいしましょう。

シアリスの効果を実感したいなら飲み方が大切!

シアリスはバイアグラの次に開発された薬で、食事の影響を受けにくく、バイアグラやレビトラよりも持続時間が長いのが大きなメリットです。しかし、きちんとした方法で飲まないと効果が実感できないばかりか、場合によっては健康を損なうことも。適切な飲み方を守りましょう。

シアリスの基本的な飲み方

1日の服用量を守ることが基本

1日の服用量は必ず守ってください。1日1回の服用が原則です。10mgは20~24時間、20mgなら最大で36時間作用します。効果が実感できないからと言って追加で服用するのは絶対にNGです!

必ず水かぬるま湯で服用すること

服用するときは水かぬるま湯を使いましょう。よくありがちなのがアルコールを使っての摂取。性行為は夜であることが多いのでアルコールが入りやすいのですが、神経伝達が悪くなることでシアリスの効き目が薄くなってしまうことがあります。お茶、ジュースも避けましょう。

次の服用は24時間以上空ける

シアリスは作用時間が長いので、ある程度の時間を空ける必要があります。5mg・10mg・20mgとも、24時間以上間隔を空けてください。

シアリスはいつ飲む?

飲むタイミングは性行為の約3時間前

シアリスを飲むのは、性行為の3時間前ほどが目安です。

効果が発揮されるまでは個人差がある

個人の体質や体調によって、効果が表れてくる時間に変動があります。飲んでから効くまでに1~4時間のばらつきがあるとされていることを頭に入れておきましょう。持続時間も変化しますが、かなり長いことが多いため、次の日が休日である日に飲むのがおすすめ。シアリスがウィークエンドピルとも呼ばれる理由ですね。

効果持続の目安

5mgの錠剤で約14時間、10mgで20~24時間、20mgで最大36時間が目安です。しかしフルで効果が持続するわけではなく、14時間経過したあたりから徐々に効果が下がってきます。

効果的な飲み方はある?

食事の影響は少ないが、空腹時が効果大

食事の影響を受けづらいため、食事中や食後に飲んでも良いのですが、効果が最も出るのは空腹時です。例えば19時頃から食事をして22時ぐらいに性行為をする可能性があるなら、18時ぐらいにシアリスを服用しましょう。

食後に飲む時は2時間くらい空けて

シアリスの注意点として、800kcalというカロリー制限があります。食後に仕方なく飲む場合は、800kcalを超えないようにあっさりした食事にしてください。食後2時間空けてから服用しましょう。

自分に合った量を知るのも重要

シアリスは5mg・10mg・20mgの3種類があり、どの量が良いのかは個人によって違いがあります。自分に適正な量を知ることが重要なので、効き目がどうかをチェックしてください。例えば10mgで強すぎる場合は半分に割って5mgにするなどの工夫ができます。ただし最大でも20mgという制限があるので、それを超えるような服用はしないでくださいね。

飲み方の注意点

連続して服用はしない

繰り返しになりますが、シアリスは1日1回の服用がルール。次を飲むまでには24時間以上空けてください。効果がいまいちだからと言って連続して服用するのは危険です。

副作用は低いものの無い訳ではない

バイアグラやレビトラに比べて、副作用が出る人が少ないと言われています。しかし、まったく出ないわけではありません。顔のほてり・目の充血などの副作用が出ることもあります。気になる方は、頭痛薬を併用することも可能です。

服用できない人、併用禁忌薬について

次に当てはまる人は服用できません。

  • 狭心症でニトロ系の治療薬を処方されている人
  • 不整脈の人
  • 6か月以内に脳出血、脳梗塞、心筋梗塞のいずれかの既往歴がある人

 

ニトロ系の狭心症治療薬は併用禁忌薬です。併用禁忌薬とは相性の悪い薬のことで、シアリスと併用すると効果が薄れたり逆に効果が強まってしまう可能性があります。

 

医療知識がないと判断をつけるのが難しいので、他の薬を処方されている方は、できる限りお薬手帳を持参しましょう。手帳がない場合は薬の名称がわかるパッケージや容器を持っていってくださいね。

 

決められた容量を守れば効果が期待できそう!

シアリスはバイアグラ・レビトラよりも新しい薬で、持続時間が長いのが魅力!最大の効果を発揮させるために、正しい服用方法をマスターしましょう。1日1回の服用ルールを必ず守り、次の服用までは24時間以上空けてください。食前の空腹時に、水かぬるま湯で飲むのが一番おすすめですよ!